それでも崩れていく…

オールインワンゲルというのは、もともとオールインワンゲルに含まれているジメチコンの成分のせいで、ファンデーションと相性が極端に悪くなったりとか、化粧崩れの原因になったりします。

そのオールインワンゲルの弱点とさえ言える点は、ちょっとした使い方次第で、かなり改善がされます。

それでも中にはオールインワンゲルを使った後、どうしてもファンデーションを付けるとボロボロとなってしまう場合もあるかもしれません。

こうなってしまうと、もうオールインワンゲルを使わない方がいいような気さえ、なんとなくしてくるかもしれません。

どんなに工夫を凝らしても、オールインワンゲルを使うと、ボロボロかすのようなものが出てしまうという場合には、例えばボロボロとカス状のものが出ない、もしくは出にくいオールインワンゲルというのを探して使ってみるというのも、おススメかもしれません。

なんと最近は、こういったオールインワンゲルの弱点とも言われている、この化粧崩れの対策に特化したオールインワンゲルというのも開発、販売されているのです。

その他にも、対策としてはファンデーションのタイプを、液状のリキッドタイプに変えてみることも、ボロボロにならない、させない対策としてあげられます。

情報サイトのオールインワンゲルマル得NAVIで書かれているように、オールインワンゲルのメリットは時短というだけではなく色々ありますから、実感してしまうとなかなか他の基礎化粧品には変えられない、戻せないと思います。

ですので使っているファンデーションとの相性が悪いと感じたら、こうした方法を試してみましょう。